難易度と合格率はどれくらい

この記事をシェアする

難易度が高いけれど

では税理士試験の難易度はどれくらいなのでしょうか。
過去数年の平均は約15%となっており、難関試験と言えるでしょう。
受験者数は減少傾向にあるようですがそれは1年や2年で合格できるほど簡単ではないことや労働環境等様々な要因があると考えられますが、はっきりとしたことはわかっていないようです。
税理士試験は1科目ごとの受験が可能ですので、1年1科目で5年で取得可能と考えられますが、実際には1科目も合格できないということもありますので単純計算では難しいでしょう。
合格後も税理士事務所で2年以上の実務経験を積んで初めて税理士の資格が与えられます。
税金のプロフェッショナルとして企業のサポートをする立場ですから常に勉強が必要ですが、やりがいのある仕事であることは間違いないでしょう。

日々の積み重ねが大切

税理士に限らずどのような仕事に就いても、勉強をして常に新しい情報を身につけることは続けなくてはいけません。
難易度も高く資格習得後も実務経験や勉強を積み重ねていく税理士という仕事に興味を持った方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。
その努力がいつか誰かの役に立つということは自分の励みにもなりますよね。
ただ、AIの登場で今後は税理士の仕事も減少傾向になるのではと危惧されているようです。
冷静な分析はAIに任せるということも増えるでしょうが、最終的にそれぞれのクライアントに合った提案を示すのは人の領域だと思います。
努力に基づいた知識と経験で、人に寄り添った判断ができることを目指していけば、信頼を得ることも可能ではないでしょうか。