専門的な知識と経験が必要な仕事の一つです

この記事をシェアする

税理士は税金のプロ

そもそも、税理士の仕事や役割は御存じでしょうか。
税理士はいうなれば「税金のプロフェッショナル」です。
税金の種類は所得税や法人税、消費税などたくさんあります。
そのどれもをすべて計算するには複雑で難しく、納税時期や納税方法なども含めると知識のない人が容易に取り合え使えるものではありません。
必要以上に納税していたり逆に足りないということが度重なると、印象もよくありませんし、手間もかかってしまいます。
そんな複雑な税金のことを引き受けてくれるのが税理士です。
また、中小企業などでは経費も含めた経営面などのアドバイスも行います。
財務諸表を読み解くことでその企業の健康状態を知り、削る部分と投資する部分を的確にアドバイスして利益を出すことも仕事になります。

税理士向きの性格ってあるの?

では税理士にはどのような人が向いているのでしょうか。
経理業務というのは地味な作業の積み重ねです。
毎日伝票を発行し、帳簿に記入して整理する…を繰り返し、その日々の業務をもとに決算業務をします。
その膨大な資料をまとめて読み解く力が必要なため、根気強い人が向いていると言えるでしょう。
大雑把で適当な人は苦痛に感じる仕事かもしれません。
また、企業のサポート役という点で言えばあまり口下手な人やきちんと意見を言えない人は向いていないと言えるでしょう。
時には企業のトップに専門家として意見を言わなくてはいけない場面も想定できます。
その時に尻込みしてしまうようでは、正しい会計が行われない可能性もありますので、口下手な人は人と自分の気持ちを伝える練習をしておく方がいいかもしれません。